メリットとデメリット


裁判所に認められれば借金がゼロになる自己破産ですが、借金がなくなるからにはそれなりのデメリットも当然発生してきます。ここで自己破産のメリットとデメリットをご説明します。

まず、自己破産の1番大きなメリットは、全ての債務の支払い義務が免除されることです。免除が認められれば、債権者から取り立てられることも、給料差し押さえをされることもなくなります。また、ある程度の財産を残すことができます。自己破産をすると、価値のある財産は没収されてしまいますが、この先の生活に必要だと判断された財産は残すことができるのです。

カード次に、自己破産する上でのデメリットです。自己破産をすると、個人信用情報機関のブラックリストに登録されます。そのため、ブラックリストから名前が削除される5~7年の間はクレジットカードの利用やローンを組むことが難しくなります。また、自己破産の手続きが始まってから免責許可がおりるまでの間は、就ける職業にも制限がかかってしまいます。弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士などの士業、また質屋や生命保険外交員、宅地建物取引主任者、警備員の職業に就くことができなくなります。免責許可がおりれば復職も可能です。そして先ほどもお話した、財産の没収です。ある程度の価値のある資産を持っていた場合は、没収されてしまいます。車や家、多額の貯金などです。没収された資産たちは、債権者たちに配当されます。