自己破産の流れ


ハンコ実際の自己破産の流れを説明します。まずは、破産手続きの申し立てです。申し立てするためには、破産手続き開始・免責許可申立書、陳述書、債権者一覧、資産目録、家計状況の書類を用意する必要があります。その他にも、収入を証明するものや、生活保護受給者であれば生活保護受給証明書、また預金通帳のコピー、保険証書も必要となります。この中で1番重要なのが、陳述書です。陳述書には、申立人が抱えている借金の総額、現在の収入や生活状況を明らかにし、支払不能であることを立証する必要があります。

次に、破産申し立て費用の支払いをします。収入印紙代、予納郵券代、予納金を支払います。金額は、各自治体によって異なりますので弁護士や裁判所に確認してみてください。

書類が揃って支払いが完了したら、借金している本人の住所地の管轄裁判所で破産申し立ての手続きを開始します。申し立てができたら、意見聴取書というものが債権者に送付され、それに伴って債務者が自己破産したということが債権者に伝えられます。意見聴取書が債権者から裁判所へ戻ったら、破産審問というものが行われます。破産審問では、債務者への審問、債権者から戻ってきた意見聴取書での回答をもとに、自己破産が認められるかどうか裁判所が判断します。自己破産が認められた場合、破産手続き開始決定を行います。

注意すべきは、この時点ではまだ借金がゼロにはならないということです。借金がゼロになるには、免責許可というものが下りなければなりません。免責許可を得るためには、免責審問を受けます。免責審問では申立人が提出した陳述書の内容をもとに口頭で質問され、免責が相当かどうか判断されます。これを経て免責許可がおりると、ようやく借金の返済義務がなくなります。

自己破産の手続きと免責許可がおりるまでは、それなりの時間と手間がかかります。またデメリットも多い自己破産ですから、本当に自己破産という選択が適切かどうか、よく考えたうえで弁護士などのプロの専門家に相談しながら決めるといいでしょう。